ストレスチェックの結果を活かす方法

ストレスチェックの結果を活かす方法

ストレスチェックのデータは、職場環境の問題点の洗い出しに使うことができます。
例えば、ある部署だけ同じような不満が見られたり、オフィスのある場所だけが不調を訴える人が多いなどの傾向や特徴を見つけ出すことが可能です。
部署による偏りは、人によるものだけではなく、仕事内容や目標設定、繁忙期などの状況が重なるようなときに起きやすくなります。
心理的な負担が大きいような仕事をしているようなら、しっかりと休暇が取れるようにすることなどストレスが発散できるような取り組みも必要となります。
ストレスチェックの結果が良いか悪いかだけで見てしまうと、問題点としてしか見ることができませんが、組織の改善ポイントとして捉えれば、さらなる成長のために必要な一歩と考えられるはずです。
職場のストレスは個人の問題ではなく、組織全体の伸び代と考えて対応しましょう。
できれば改善だけでなく、いままでの結果から、予防まで行うことができれば理想的です。

ストレスチェックを行ってスタッフをフォローする

企業は働くスタッフの体調管理をしっかりと行っていくことが必要になります。
健康診断を行うだけではなく、心のケアも行っていくことはとても重要です。
ストレスチェックを行っていくことができるように、フォローをたくさん行っていけるようにすることは大切です。
ストレスチェックに関することを企業が行っていき、部下が上司に相談しやすい環境づくりを行っていくことも求められます。
情報もきちんと開示していき、スタッフ一人一人が笑顔で働きやすい職場をしっかりと作っていくことは大事です。
ハラスメントに注意する必要もあるため、研修によってスタッフ一人一人が注意できるように学習できる機会を作っていくことをおすすめします。
研修制度を整えていくことなど、ストレスチェックに関することもきちんとできているかを見直していくことも求められます。
働き方改革を進めていく企業も多くあり、いろんなことに取り組めるようにすることをおすすめします。

著者:種田富士雄

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
会社勤めでストレスチェックを行う。
その経験を基に、サイトを開設。