間違いのないストレスチェック!正確に実施するために必要な情報を詳しく紹介

当サイトは間違いのないストレスチェックをおこない、正確に実施するために必要な情報を詳しくご紹介しています。
労働者のメンタルヘルスの不調を防ぐためにも、ぜひ参考にしてみてください。
一般的なこのチェックの流れとはどのようなものなのか、に関しても解説しているサイトです。
初めて導入する企業にも役立つと考えられます。
さらにはチェックの結果を活かす方法にも触れているので、せっかく実施した調査結果を活かして職場環境の改善を図るのなら知っておきたいところです。

間違いのないストレスチェック!正確に実施するために必要な情報を詳しく紹介

質問票を用いて労働者のストレス状態を調査するストレスチェックは間違いなく実施しなくてはなりませんが、どのような点に注意をすれば良いのかという疑問を持っている人もいるのではないでしょうか。
ストレスチェックは対象となる労働者全てに実施する必要があります。
医師や保健師などの実施者が携わり、質問の回答を分析したり評価したりします。
個人情報の管理を正確に行うことが大切で、実施者に守秘義務があることも重要なポイントです。

最初にストレスチェックの目的を理解することが大事

ストレスチェックは、労働衛生安全法によって常時雇用されている従業員が50名以上いる事業場に対して義務化されています。
そのため多くの企業でコンプライアンスの観点から実施していることがほとんどです。
ただし実施することが目的となってしまっては、本来の制度の意味がなおざりになってしまいます。
しっかりと意図を理解して、業務の改善に役立てなければ意味がありません。
そもそもストレスチェックは、メンタルヘルスが原因となる労災が増えてきたことをきっかけに設定された制度です。
職場環境によっては、心理的な負担が大きくなることがあり、組織がその事実を気づかないまま運営されていると、関係する多くの従業者がメンタルヘルスに異常をきたして体調を崩してしまいます。
そうならないために状況を年に一回把握して、問題が顕著なところに対して、改善する措置を行うことが重要です。
ストレスチェックはその傾向や関係部署を見つけるための手段に過ぎません。

ストレスチェックを委託するメリット

ストレスチェックとは、労働安全衛生法に基づいておこなわれる検査です。
労働者が50人以上いる事業所で毎年1回義務付けられているもので、労働者のメンタルヘルスの不調を未然に防ぐことや、職場環境の改善などを目的としています。
労働者がストレスに関する質問票に答えて、それを集計・分析することで、回答者のストレスがどのような状態かを調べることができます。
厚生労働省は留意事項として、ストレスチェックは事業所の産業医がおこなうことが望ましいとしていますが、外部機関に委託することもできるとしています。
ストレスチェックを社内でおこなうためには、導入前の準備として管理者を決め、ルールの策定し、医師や保健師などから実施者の選定し、さらに面接指導する医師を決めるなどの手順が必要で、実施に関わる事務作業が増えたり、個人情報の取り扱いに細心の注意を払うことが必要で、負担が少なくないといえます。
ストレスチェックを外部に委託するメリットは、これらの負担を軽減できることであり、また、費用面が抑えられる場合もあります。

ストレスチェックを実施すべきタイミング

ストレスチェックは、年に最低1回は実施しなければいけません。
その時期についての規定はありませんが、前回実施された日から1年以内が妥当と言えます。
1年の始まりは各企業の会計年度に合わせることができるので、一律ではありません。
だから自社の都合に合わせて設定することが可能です。
すべての従業員が対象となるので、繁盛期や決算期に実施すると忙しくて回収率も悪くなる恐れがあります。
また移動の多い季節なども誰がどこで受けたかのコントロールが大変となり、正しいデータを取得できるかが心配です。
ストレスチェックのタイミングは閑散期であること、他の業務に支障をきたさないことなどを考えて決めなければいけません。
そのため出来るだけ生産や仕入れの少ない時期であれば、問題ないでしょう。
一度実施したら同じ時期に繰り返した方が、年ごとの変化を見極めれば、職場改善の元データとして対応することができました。
ストレスが高い現場では、対応が急がれます。

ストレスチェックにかかる費用はどれくらい?

ストレスチェックを実施する上でどのくらい費用がかかるのか疑問に感じることがあります。
ストレスチェックにおいても大きな割合を占めるのが人件費であり、導入するにあたって衛生委員会を立ち上げ、実施方法や体制の審議及び決定、調査票の準備や実際の医師の決定、分析など様々なことを決めて実行していかなくてはなりません。
すべてにおいて企業ができるわけでななく、実施と面接指導の部分は事業者が行うことはできないことになっています。
これは労働者のプライバシーを守るためでもあり、外部に委託する、産業医に依頼するなどして対応する必要があるからです。
自社でストレスチェックをシステム化する場合は、そのシステムを開発するのに莫大な費用が発生する可能性も出てきます。
このようなことからストレスチェックに関する業務を外部委託した場合、一人あたり数百円から千円程度が相場となっています。
医師による面談が必要となる場合は1時間につき3万円程度かかります。
高ストレス者が多くいなければ少額で済みますが、多い場合はその分面接代がかかっていくので金額が多くかかってきます。

著者:種田富士雄

筆者プロフィール

福岡県福岡市生まれ。
会社勤めでストレスチェックを行う。
その経験を基に、サイトを開設。
ストレスチェックを委託する